発熱外来・検査外来・待機所など
臨時施設としてお役に立てます。

 新型コロナウイルスの感染対策に移動式多目的ルーム車FUVをご活用ください。プレハブ等の建築物とは違い”仮設申請”が不要です。必要な時だけレンタルでき、短期から中長期のご利用でもご相談ください。車両とは思えない広々した空間が特徴で、出入り口が2箇所あり「医療従事者」と「患者」の導線を分けることができます。室内には個室用カーテンレールが3部屋分備え付けされています。また、ユニットタイプのクリーンブースを設置することもできるので「清潔区域」と「不潔区域」を分けることも可能です。患者の入れ替え毎に「紫外線殺菌」を行えるよう殺菌灯の取付けも承ります。排気口には「HEPAフィルター」を使用し、病原体の排出を防ぎます。2009年、新型インフルエンザの臨時施設としてプレハブやテントが医療施設の敷地内に設置された以下の事例もあります。

<引用元>
厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kenkou_128525.html
新型インフルエンザ発生時の医療提供体制について https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002liho-att/2r9852000002lij5.pdf

後方の扉はリモコンで操作できる「自動ドア」を採用

関東エリアからの運搬となります。些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください。

株式会社いそのボデー 企画開発部東京事業所

飛峪(とびさこ)宛 TEL 090-1063-3008

HPお問い合わせ